世界のどこかで会いましょう♪ 

| PAGE-SELECT |




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルーマニアの雪景色が奇麗過ぎた。

「世界一周246日目」







今回は写真をいっぱい載せたのでちょっと重いかもです!
けど、最後は絶対にんまり♪なれると思います!







今日はブラショフからシギショアラという街に移動。

ここは街自体が世界遺産に指定されてるそう!









電車から降りるとこの通り。
DSC_0483.jpg

DSC_0515.jpg

一面雪景色でした。







こんなに可愛い天使ちゃんにも迎えてもらった♪
DSC_0511 2







宿は駅でおばちゃんに声をかけられてそのままその宿へ。


「Pension Cristina & Pavel」
DSC_05sas80.jpg

だったかな。


800円くらいで6人ドミ貸し切り。
とゆーか、他に客がいなく宿自体貸し切り状態でした♪
DSC_05sdfs79.jpg
オフシーズンってこーゆうことがあるからいいですね。


しかもこの宿のおばちゃんめっちゃくちゃ優しかった!










そして世界遺産となってるシギショアラの街を歩く
DSC_0523.jpg

DSC_0531.jpg

DSC_0528.jpg

DSC_0542.jpg






さすが世界遺産の街並
DSC_0550.jpg

DSC_0sfas572.jpg



こんな人も歩いてた!
DSC_05Svds86.jpg





歩く度に目の前に見たことのない建物や景色が広がるんで、
もうテンション上がりっぱなし!
DSC_0549.jpg








歩く度にうわーっ、うわーっ!って言ってた!笑









ほんとにここの景色は良かった。





アジアにもあのトルコにもない感じの建物。







しかもこのがほんとにマッチしてる。
DSC_0548.jpg










道路は雪で覆われてたので、子供たちが普通にソリで遊んでた♪
DSC_0519.jpg

DSC_0521.jpg

DSC_0sdfas661.jpg




道路をソリで滑るなんて初めて見た!









一緒に滑らせてもらいました♪
DSC_0afa649.jpg

DSC_065sdfs3.jpg

とおっ!



けど、ちょーーーーーー楽しっ!










子供たちもちょーかわいっ♪
DSC_0dsfsa672.jpg

DSC_0sdfas670.jpg








透き通るような肌やな。
DSC_06asdfa66.jpg

DSC_06sas54.jpg





この肌に戻りたい。。笑











資生堂のコラーゲンドリンク飲んだら元に戻るかな。














それからも街をぶらぶらして、みんな雪に大興奮!
DSC_0sfga562.jpg








フカフカの雪にダイブしちゃいました♪
DSC_0553.jpg

DSC_055dfsgs9.jpg

DSC_05fdgag67.jpg









ツララも出来るくらい寒かったので
DSC_0sdfa640.jpg









雪だるまの顔が超適当になってしまった。笑
DSC_0dsf642.jpg









ちゃんと作ったらこんな感じに出来るんすよ!笑
DSC_1022.jpg












そして次の日の昼は






ドラキュラにちなんだルーマニア料理が食べれるということで、そのレストランに行ってきました。







なんとここはあのドラキュラのモデルとなったヴラド・ツェペシュの生まれた家。
Vlad_Tepes_coloured_drawing.jpg




入り口
DSC_06sfa22.jpg





こんな階段を上がって
DSC_06dfs21.jpg

DSC_06sfa16.jpg





レストランはこんな感じ。
DSC_06fgag20.jpg



DSC_0dfsa600.jpg




メニューにもドラキュラ。
DSC_0fga591.jpg

DSC_0vs594.jpg





食べたのはドラキュラの心臓ドラキュラスープ
sdfas.jpg

DSC_06sdgas07.jpg

DSC_06sdfas11.jpg





名前ほどのインパクトはないかな?

けど、どれもほんとに美味しかった♪
そして結構高かった!笑








外に出ると相変わらず雪が積もってて、
一歩ずつ歩く度に雪を踏む何とも言えない感触と、音




ザクッ。













そして夜になると建物がライトアップされて、街がほんとほんとに奇麗だった。
DSC_sdfa0719.jpg

DSC_07sdfa28.jpg

DSC_0adfs749.jpg

DSC_fa0742.jpg












しかも雪も降ってきて。
DSC_07asdfa16.jpg

DSC_0726.jpg

DSC_0saa732.jpg









寒かったけど、それ以上に感動しまくってた。











ほんとにほんとに奇麗。
DSC_0725.jpg

DSC_070cgy7.jpg

DSC_0asdfa708.jpg

DSC_07sdfa09.jpg













そして感動。
DSC_0sadfa738.jpg











クリスマス、こんな街で過ごせたら最高だな~♪





ってことで、Merry Christmas ♪
DSC_0fga577.jpg








今日撮った写真たち♪

DSC_0sdf746.jpg

DSC_07sdfas23.jpg

DSC_0fa700.jpg

DSC_0534.jpg

DSC_05xs78.jpg

DSC_0fa685.jpg

DSC_07asdfas33.jpg

DSC_06sdfa64.jpg

DSC_06sdfsaf25.jpg

DSC_0657.jpg

DSC_0545.jpg

DSC_07sdfa05.jpg

DSC_0asf702.jpg



あっ、世界一周Blogランキング参加中でーす♪
今日のBlog見て、にんまりした!とか、ルーマニア行きたくなった方!

クリックお願いします♪
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| ルーマニア | 07:30 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラキュラ城へ

「世界一周245日目」





ルーマニアの首都ブカレストに着いてそのまま電車でブラショフという街へ移動。
DSC_0drf225.jpg








列車は寝台から普通に座る座席に。
DSC_022bhu8.jpg





やはりヨーロッパ。
何もかもが奇麗。

インドが懐かし過ぎる。





3時間があっとーゆー間♪
DSC_0243.jpg

DSC_0244.jpg




外の景色はガラっと変わって一面雪景色
DSC_0230.jpg

DSC_0229.jpg

めちゃくちゃ奇麗!


けど、めちゃくちゃ寒い!










ブラショフに着いて、宿へ。
DSC_0256.jpg





今回は「Kismet Dao」というホステル。
DSC_0260.jpg





この広い8人ドミを4人で貸切。
DSC_0317.jpg

朝ごはん付きで1,100円くらいでした。










それからブラショフの街を歩く。









旧市街はもはやディズニーランド!!
DSC_0264.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0265.jpg

DSC_0269.jpg


歩くだけでテンション上がります♪









それから教会行って
DSC_0274.jpg







その辺をぶらぶら。





雪合戦して
DSC_02bhu90.jpg






少し高いとこから見るブラショフの街はとっても奇麗!
DSC_0285.jpg

DSC_0295.jpg







宿に戻ってみんなで自炊♪
DSC_0306.jpg




今日のメニューはリゾット豚の焼き肉
DSC_0308.jpg

DSC_0309.jpg

DSC_0310.jpg


食材の何もかもが安く、豚なんて500gで100円!



みんなが美味しく作ってくれました♪





これからヨーロッパは自炊が多くなってくるんだろうな~。




節約節約!













そして次の日は


ドラキュラ城!(本当の名前はブラン城)





「吸血鬼ドラキュラ」は、15世紀のワラキア公であったヴラド・ツェペシュという人がモデルになったとされていて



この人がドラキュラのモデル
Vlad_Tepes_coloured_drawing.jpg





その人が住んでいたとされる城がこのブラン城



けど、実際には住んでたとか住んでなかったとか。













あっ、あとルーマニアは(魔女文化)が数世紀の歴史を持ち、現在も「魔女」や「まじない師」「占い師」として生計を立てる人々が多く存在するそうです。
2011年に魔女が「職業」として認められることになり、魔女たちは今後は役所に営業許可を得て「魔女」として登録する必要があるほか、占いが外れると罰金が科されたり、逮捕されてしまうようになる可能性もあるという。








外れたら罰金て!







けど、魔女いるんだ!










ってことで、今日はドラキュラと魔女に会いに!








ローカルバスで45分。










着いた場所から見えたドラキュラ城
DSC_0323.jpg

なんか雰囲気ある。






道にはこんな看板もあるし。
DSC_0326.jpg

DSC_0333.jpg







お土産屋には
DSC_0332.jpg











そして魔女!
DSC_0327.jpg



この箱に入ってたのリンゴだったのと雰囲気たっぷりだったので、このおばあちゃんが魔女に決定!
DSC_0331.jpg










残るはドラキュラのみ。










歩いて城へ。
DSC_0340.jpg

DSC_0344.jpg






あっ、ドラキュラの嫌いな十字架!
DSC_0343.jpg







カラスでも出そうです。
DSC_0346.jpg










そしていざドラキュラ城の中へ!
DSC_0345.jpg

DSC_0405.jpg







中は薄暗いとこもあったり
DSC_0358.jpg

DSC_0375.jpg








こんな本が置いてあったり
DSC_0383.jpg








ドラキュラのモデルの人!
DSC_0388.jpg












そして、こんなものが置いてあったりと
DSC_0395.jpg









あったりと。。。










あったりと。









あったりとしたんですけど











実際はドラキュラがいる雰囲気では全くありませんでした。
DSC_0387.jpg












城の中、結構奇麗だったし明るかった。笑
DSC_0406.jpg











そして、このドラキュラ城で一番印象に残ったこと。










こんなドラキュラだったら自分も噛まれたい。
DSC_0389.jpg




ってね。







とまあ城としては良かったけど、ドラキュラには会えませんでした。









帰りにバームクーヘンの発祥?となった美味しいパンを食べて
DSC_0432.jpg

DSC_0430.jpg







可愛い男のこに会って帰りました。
DSC_0423.jpg









みんなでスーパーに買い出しに行って、










今日は豚丼スープを作って
DSC_0441.jpg

DSC_0449.jpg











おしまい♪











ドラキュラ城、観光地としては良かったです♪



今日撮った写真たち♪
DSC_0304.jpg

DSC_0392.jpg

DSC_0279.jpg

DSC_0399.jpg

DSC_0288.jpg





あっ、世界一周Blogランキング参加中でーす♪
今日のBlog見て、うわっ!期待したのに!とか、がっかりした方!

いや、そうでない方も

クリックお願いします♪
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






| ルーマニア | 07:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーマニアへの列車に乗れない!?

「世界一周243日目」







ブルガリアからルーマニアへは寝台列車で約10時間。
スクリーンショット(2012-01-19 11.17.53)


ヨーロッパ来てからほんとに物価が高くなった!
特に移動費。
この列車の運賃は3,250円でした。
これ、アジアから旅して来た人にとってはかなり痛い!と思う。








しかもこの列車、一悶着ありまして。。










ブルガリアの駅でルーマニア(ブカレスト)行きの列車のチケットを当日購入。




ちょうど1時間後に列車があったので、発車30分前に列車に乗ろうとしました。





自分が4人分のチケットを持っていて、歩きながら財布からチケットを取ろうとするも何かが引っかかって切符が取り出せない。


バックパックを前後に背負ってて、あまり身動きの取れない状態だったので、無理矢理切符を取ろうとした瞬間、





ビリビリッ!





あっちゃー。




4枚の切符のうち、2枚が真っ二つに切れました。









けど、この時点では全然余裕。くらいの気持ちで思ってました。








だって、日本でそんなことが起こっても絶対乗れるやん?



買ったレシートもあるし。








そして自分たちが乗る車両の前に到着。


ドアの前には一人の制服を着たちょっと怖そうなおばさん。
発車30分前。









破れた切符を見せると、












分からない言葉と合わせて首を横に振られて、しかも切符を突き返された。









この時、ちょっと焦り出した。



しかも英語も全く通じない。








まさか?











それからも、ただちぎれただけ!と何度も切符を見せながら説明するもこのおばさんは首を横に振るだけ。









まじで焦ってきた。









このまま乗れなかったら。。







みんなに迷惑かけてしまう。











周りに何人か英語を話せる人がいたので、そのおばさんに現地の言葉で訳してもらった。












しかし










おばさんの口から出た言葉は












「この車両はウクライナの鉄道会社。あなたの買った切符はブルガリアの会社。」

「だから、破れた切符は受け付けられない。」









その一点張り。








まじあり得ない!

けど、破ったのは自分か~。









そのおばさんに通訳してくれた人が

「買ったとこで切符を再発行してもらった方がいいわよ!」






というので、再発行してもらいに切符を買ったオフィスに走った。


出発まで20分。









走ってオフィスに行って、そこにはおばさん二人。









急いで説明するもなぜか







「再発行できない。」










「Why??」










「それはあなたのミスでしょ。だから私達には関係ない。」






まじ、普通にそう言われた。








いや、そりゃミスはミスだけど、ちょっとくらい助けてくれてもいいじゃん。







「早くしないと電車に乗れない!!」



って言っても最後の方はなんと無視。








言い続けてたら

「ボスに電話するからちょっと待って」と。










おっ、期待出来そう!

もしかしてボスが「再発行してやれ。」とでも言ってくれるんじゃないの!?








電話が終わり、おばさんの言ったこと。







「無理。」










終わった。









もう全然助けてくれないし、ずっとあなたのミスだって言うからキレそうになったけど、電車乗らないとやばかったから



「Help me」




って何度も言った。








そしたらおばさん。







何したと思う?








真っ二つにちぎれてる切符をセロハンテープで引っ付け始めた!









まじ呆れた。









そんなことなら再発行してもいいじゃん。










そしてのこり10分。









見るからにダメと分かってる切符を持ってダッシュで車両のに行く。










ざずかな期待を持って切符見せるも










首を横に振るのみ。










そりゃそうだよね。テープ貼っただけだもんね。








もうほんとに焦ってきて、走ってまたチケットオフィスに行った。








今度は

「乗れないならお金返して!」


って言ったら



「あなたのミスでしょ。関係ないわ。」










軽くキレました。










けど、切符はどーにもならなかったので諦めて列車に戻る途中、向こうから友達が走ってきて



「出発するから乗れって言ってる!」










もしかしておばさんが乗せるくれるのかな!?







訳の分からないまま、バックパックを背負って車両に乗った。








3人が先に自分たちのコパートメントに行って、自分は後から。








列車に乗った瞬間、自分だけ引き止められて、訳の分からない言葉で何か言われる。









乗れただけで嬉しかったからおばちゃんに

「Thank you! Thank you!!」


って言いまくってたらそのおばちゃん、







曇った鏡に指で何か書き始めた。









     30










すぐに分かった。










「ユーロ?」って聞くと






うなずいた。









それは高過ぎると思って、一旦みんなのいるコパートメントに行って相談。








列車が出発する直前、自分がチケットオフィスに行ってる時におばさんから



乗せてやるからお金を払えみたいなことを言われてたそう。




手の指の先をくっつけて、前後に雨動かす動作。
これどこの国も一緒だね。







そうこうしてる内におばさんが自分たちの部屋に入ってきた。









けど、おばさん辺りを気にしてるから何かおかしかった。









完全に賄賂だ。










しかもあまり慣れてないような気がした。









だからおばさんに向かってカメラを向けると








もういいよ。









みたいな感じで出て行った。









それからおばさんは来なかった。











今回の件は自分が悪いって思う。









けど、領収書があるのにも関わらず再発行すらしてくれない、乗せてくれようとしてくれないシステムは絶対におかしいと思う。










けど、乗れてよかった。






ほんとに良かった。









みんなに迷惑かけたわ~。











そして自分たちの列車はこんな感じ。
DSC_02cdr18.jpg











あまりの快適さと疲れでみんな朝まで爆睡でした。
DSC_0215.jpg











朝の4時くらいに部屋でそのままルーマニアのスタンプを押されて、6時くらいに首都ブカレストに到着!









なんだかんだあったけど、無事に17ヶ国目「ルーマニア」に入りました♪







ふぅ~。




あっ、世界一周Blogランキング参加中でーす♪
今日のBlog見て、お疲れさま!とか、腐ってる!って思ってくれた方

クリックお願いします♪
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 08:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。