世界のどこかで会いましょう♪ 

| PAGE-SELECT |




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベオグラード男4人旅!

「世界一周531日目」







ペルー以来の再会を果たしたけんとくんと、マー坊、少年(あだ名)の4人でベオグラード市内を歩きます。

とゆーか、昨日の続きです!






まずは軍事博物館へ。
DSC_8dfvd612.jpg

DSC_adfvadsv8620.jpg



入場料は60円くらいでした。
DSC_8dafvasdfv613.jpg



近代の歴史を少しでも知ろうと思ったけど、あったのは
DSC_861advad9.jpg

adfvasDSC_8618.jpg

DsdfavvSC_8614.jpg
日本の鎧も負けてないね。




この人はサラエボ事件でオーストリアの皇太子を暗殺した人。
DSafvaC_8616.jpg
ここでは英雄なのかな。



軍事博物館終わり!笑






そして近くの見晴らしの良い公園へ。

今日はかなり歩いたのでもうヘトヘト。
男4人でここで休憩。
DSafvasdsdC_8623.jpg


ほんとはこの右に映ってるお姉ちゃんたちと一緒にキャピキャピしたかったんだけどね!
DSafvafC_8624.jpg
もう若い子はキャピキャピとか言わないよね。






その後はアメリカの絶景写真たちを見て
DafvasvSC_8630.jpg
あー、ここ行きたい!
たいさんと咲子ちゃんたち行くのかな〜。
羨ましー!!




そして次は大型ショッピングセンターを目指します!
DasdvaSC_8634.jpg


するとこのグラフティアート。
DSsdfvasC_8638.jpg

DSasdvavC_8636.jpg

DSC_863asvas2.jpg
やり過ぎって思うのは自分だけでしょうか。




でもこれはかっこ良かった!
avfasvs34.jpg





そして20分後、意外と遠かったショッピングセンターに到着です。
昼ご飯はこのフードコートで。
DSC_86avass50.jpg


頼んだのはこれ。(300円)
DSC_86asdvsv51.jpg


これをパンに挟めば

見るからにジャンクフード。笑
DasdvasvSC_8652.jpg
味はー、まぁまぁでした♪





そしてご飯も食べて満腹になったところで、これ。
DasdvsSC_8653.jpg

ウイニングイレブン!


しかも最新版!

まさかこんな所で出来るとは。

ちなみに1時間300円でした。
10年ぶりくらいにやったかな。笑

男4人で相当盛り上がっちゃいました♪
DSC_86asvdas60.jpg




そして夜ご飯はなっちゃんとその友達も合流してまた
as34vas.jpg

DSC_866asdvas4.jpg

肉。笑



この辺で気軽に食べれるって言ったらこのハンバーガー系しかないからね!
普段は自炊だけど、物価が安いからたまには外でもね!


ちなみにこのハンバーガーは200円くらいでした。
DSCasdasdv_8665.jpg



てか、この旧ユーゴ圏の人たちは親切な人が多いって書いてきたんだけど、ここのお店でもそう感じました。



みんなで行ってワイワイしてたんだけどね
IMG_0173.jpg

IMG_0168.jpg



そしたら




「どっから来たんだ?」

「何してるんだ?」

「名前は!?」




と興味津々。
自家製のタレも食べさせてくれ、他の客がいるのにも関わらず話しかけてきてくれました♪
ほんと良いよね、このゆるさ。笑



その時の様子。




最後はみんなで記念写真♪
DSwfffewC_8670.jpg
こんな場所にアジア人がこんなにいること自体不思議だけど。笑





でも、この旧ユーゴ圏の人たちの優しさはどこからくるんだろうね。
辛い過去があったからなのか、アジア人が珍しいだけなのか、そもそも人が良いのか。


旅をしてると、道に迷ったり、言葉の壁にぶち当たる事ことがたくさん。
それでも今までなんとか出来た。
それはやっぱりこうやって人に親切にされたり、助けてもらってるおかげ。


道を教えてくれるだけで、それだけで気持ちがほんっとに暖かくなる。
日本に帰った時は、逆のことをしてあげないとね。



May I help you ?

って。





そして宿に帰って、みんなで散髪大会。笑
DSC_867asdvas3.jpg

DSasdv3erfC_8675.jpg
ぼっさぼさになった髪をみんなで刈り上げ。


やっぱバリカンとすきバサミがあるとめちゃくちゃ便利!
DSqw4f2C_8671.jpg


その頃けんとくんはと言うと、ニコ生生出演!
DasdvvSC_8678.jpg
けんとくんは旅しながら動画を撮っていて、定期的にニコ生にも出てるんです。



その時の画像がこれだったってゆーね。笑
スクリーンショット(2012-11-03 2.05.48)

まじでめっちゃくちゃおもしろいのでぜひご覧あれ♪

けんとくんのHP「ちょっと世界一周してくる。」


この中の「日本対ブラジルを見てきた」ってのがやばい。笑







そして最後はベオグラードの夜の街で
DasdvvSC_8714.jpg
あっ、自分写ってないやん!




ってことで
DSC_87awrfqw20.jpg
短い間だったけど、相当楽しかったわ!





セルビア、ベオグラード。
いろいろ知れて、感じれて、友達にも会えてほんとに良い思い出しかない。
またどこかで再会出来ますように♪
DSC_8advasdv627.jpg


今日もクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| セルビア | 07:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いきなり現れた、空爆されたビル。

「世界一周530日目」







入国スタンプと出国スタンプを何度も押されながら夜の9時にやっとセルビアに入国です。



着いたのはセルビアの首都「ベオグラード」

ここは旧ユーゴスラビアの首都でもあった場所。
なので街は大きそうです。



ちなみにセルビアの場所はここ。
スクリーンショット(2012-11-06 19.35.25)

このセルビアの下にテレビとかでよく聞く「コソボ」というまたは自治州があります。

↑この時点でちょっとおかしいよね。



国境は普通、グーグルマップではで書かれてるんですが、セルビアとコソボの境界線は点線で書かれてるんです。
スクリーンショット(2012-11-07 12.06.39)


コソボは元々セルビアに属する自治州


だけど、2008年2月17日にコソボ議会は独立を宣言し、「コソボ共和国」を名乗ってるんです。


おれらは国だ!

ってね。



セルビア側は「コソボはセルビアの一部!」


コソボ側は「おれらは独立した国だ!」




2012年9月中旬の時点でコソボの独立を承認しているのは、国連加盟193国のうち91ヶ国なんだって。

その承認している91カ国の一つは日本。





独立を承認していない国では、セルビア領土の一部「コソボ・メトヒヤ自治州」とみなされているんだって。



じゃあ国なのか、自治州なのか。

複雑だね。




このことについては次の次くらいにまた書きたいと思います。








そして駅!
DSC_8werg4552.jpg
夜はもう暗いけど、歩いて宿に向かいます。
事前に用意していたマップを頼りに行くんだけど、今回は歩いても歩いても着かない!!



地図の縮尺を誤りました。笑





そしてバックパックを背負い、通りで悩んでると、セルビア人カップルが話しかけてきました。


「May I help you ?」



道で悩んでいた汚いアジア人が道に悩んでいるのを見て、助けてくれました。


なんという優しさ。
やっぱり旧ユーゴ圏は人の優しさ、親切さがハンパない。
DSeqfr3C_8554.jpg
クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナを旅してきてずっと感じてること。




そして何とか宿に到着です!
そこで出会ったのは



けんとく〜ん!!!!
スクリーンショット(2012-11-03 2.05.48)
with天皇
ちょ、この写真しか無かった!
まじでごめん!笑



けんとくんとはペルーで出会った仲で、その時に次は二人ともヨーロッパだからどこかで会おう!って言ってたんです。
そしてまさかのセルビアで再会♪

ここ最近再会ラッシュで嬉し過ぎる。


けんとくんはポーランドで日本代表×ブラジル戦を見て、そこで出会ったマー坊と少年(あだ名)とセルビアに来てました。



そしてその夜はお互いのおもしろ過ぎる友達、ゆかちんの話をして爆睡。笑





そして次の日はベオグラードの街を歩きます。



と、その前に朝ご飯は近所のパン屋さん
Dqwefd13SC_8556.jpg
宿に泊まって何が重要かというと、近くにパン屋さんがあること!


ほとんどが一つ50円くらいでやっぱり物価は安いです。
DSwqefd2C_8557.jpg


ちなみにペットボトルのコーラも60円くらい。
これはエナジードリンク80円!笑
Ddef23423SC_8595.jpg
味はレッドブル!




そして街歩きは、けんとくんとマー坊、少年と。
wqedfDSC_8575.jpg
まじこの3人の仲が良過ぎてすぐとけ込めたわ!






そしてベオグラードの街。



何もありません。



ほんと



何もありません。笑







旧ユーゴ圏ではアジア人を全然見てません。
あのどこにでもいる中国人ですら。



だから自分たちを見る視線はとても珍しそう。




でもこれが良いんだよね。
興味持ってくれてるとゆーか。


声をかけられる言葉が例え「ニーハオ」であっても、遠い国の小さい日本なんて分からないだろうから、「こんにちわ!」って気持ちよく返せる。



人も凄く優しいし、今のとこ旧ユーゴ圏の旅行は凄くし易い!






そしてベオグラードの街。
qerd23DSC_8558.jpg



似たような広告がたくさん。
qd33f3343w.jpg

DSC_85qwdcqw62.jpg

saddcDSC_8560.jpg




街の中心の方に行けば有名なブランドのお店が少〜しだけあったけど、それでも福岡よりは小さい街。
Dwqed2SC_8601.jpg

wqdeq2e2DSC_8600.jpg



カフェはいっぱいあったけどね!
DSqwefd34C_8609.jpg





そしてここは「聖サワ大聖堂」
DSwqcdcC_8570.jpg

世界でも最大級の正教会の大聖堂なんだって。

ちなみに正教会とはキリスト教の教派のひとつで「ギリシャ正教」もしくは「東方正教会」とも呼ばれるらしいです。



中はこんな感じ。
DSsdcC_8574.jpg
工事中だったのが残念。





ちなみにセルビアの民族構成


セルビア人 → 80%(このほとんどが上に書いたセルビア正教)

アルバニア人 → 1%(ほとんどがイスラム教)




一番始めに書いたコソボの民族構成


セルビア人(セルビア正教) → 4%

アルバニア人(イスラム教) → 92%




↑これを見てみると民族の比率が真逆だね。

同じセルビアの中なのに!
(いや、セルビアの中でもないけれど)




つまり


セルビアにはセルビア人が多くて


コソボにはアルバニア人が多い。




これもコソボ問題にいろいろ関係してきそうです。




そしてこの教会の目の前には平日の昼間にも関わらずたくさんの若者たち。
D4334r3SC_8568.jpg
セルビアの失業率は26%と高い数字。(2009年)


セルビアに限らず、この辺りの国ではこんな光景をよく目にしたな〜。
まあ自分も人のこと言ってられないんだけれどね。。





そしてその公園を歩いていると日本にもある松の木が植えてありました。
Dwde213SC_8577.jpg
もしや日本から!?
なんて思ったけど、違うのかな。



でも、ここでけんとくんが


「セルビアには日本から無償で譲られたバスが走ってる。」

と聞きました。



実際の街で見たバス
DSwqe2d42C_8649.jpg
日本の国旗に日本の旗。


紛争後のセルビアは国土が破壊され、インフラも整わない状態。
そんな中、インフラ整備や人道支援を中心とした復旧・復興支援を行い、無償資金協力により93台のバスが整備されたんだそうです。



だからか、親日の人が多いんだって。



日本人と分かれば、片言の日本語を話しかけてくる理由が分かりました。笑







そして、通りを歩く。


と、いきなり現れたこの建物。
DSqr42ed2C_8579.jpg


めちゃめちゃに壊された窓や壁。
D1fd24SC_8597.jpg

D21d2SC_8593.jpg



周りには人もいるし、普通に車や電車が走ってる。
Dsdf24SC_8589.jpg

wqed2DSC_8598.jpg

これ、NATO(北大西洋条約機構)が1999年に空爆した跡なんです。





様々な事を省いて超簡単に言えば





セルビアに属するコソボが独立を求めていて、反発。

それを抑えるためにセルビアがコソボを攻撃。



ちょっとやり過ぎじゃない?


ってことで、NATOがベオグラードを攻撃した訳なんです。




背景にはいろいろあるんだけど、それはまた書きます。




空爆から約13年経った今でも空爆された建物はそのまま。

人も車も電車も今では何もなかったかのように普通に建物の前を通っていました。



こんな街のど真ん中でこんな大きな建物が空爆されるなんてね。


背景が気になる。




とりあえずコソボにも行ってみよう。





その前にみんなとのベオグラードの1日もね!



今日もクリックお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| セルビア | 07:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。