世界のどこかで会いましょう♪ 

| PAGE-SELECT |




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コソボを歩いてみた!!

「世界一周534日目」







さてさて、無事にコソボに入りました。
首都じゃないけど、コソボの中心「プリシュティナ」
スクリーンショット(2012-11-10 15.19.45)




バスターミナルでコソボのお金を引き出すとでてきたのは見たことのある
DSC_873asvs6.jpg

ユーロ!


コソボはユーロ圏じゃないのにユーロを使用してる国なんです。
紛争終了後はドイツマルクを使用してたらしいんだけど、ユーロに変わり、コソボもその流れに乗ったんだって。




ちなみにコソボのスーパーでの2ℓコーラの値段。
DSC_878sdfvd7.jpg
1.2ユーロ(120円)

コソボの物価も恐ろしく安いです。






そしてコソボで泊まった宿はここ。

「Velania Guest Hous」
DasvasSC_8790.jpg
ここがめちゃくちゃ快適だった!


バスターミナルからタクシーで10分。(4ユーロ)
運転手に言えば伝わります。

自分たちは新館の方を案内され、かなり奇麗でした。
DadvasSC_8789.jpg
まさかのwifiあり。(しかも結構早い!)
キッチンあり。
シャワー、トイレ付き。
値段は25ユーロ。(2泊するから24ユーロにしてもらいました。)
DSCdafvad_8788.jpg





そして、その日はそのまま爆睡。zzz




次の日、まずは朝ご飯のパンを買いに行きます♪

宿から少し歩いたところにパン屋さん発見!
でも、カメラ持って行ったのにバッテリー忘れるという大失態。笑



パンは安くてクロワッサンが50円くらい。



観光客のいないこんなところでも店員さんが英語を喋れてビックリ。
旧ユーゴ圏の人たちって何で英語を喋れる人が多いんだろ。
それとも自分がたまたま喋れる人たちに会ってるからか。



そしてパンを買っての帰り道。
IMG_0253.jpg
登校中の子供たちに遭遇しました。




汚いアジア人がそんなに珍しいのか、こっちをじろじろニヤニヤして見てきます。
しかも嫌なニヤニヤじゃない。


こっちもニヤニヤし返し、挨拶をすると照れた感じで挨拶してくれる。



ほんっとにアジア人がいないんだろうね。
なんかこの感じも久しぶり。
イラン以来かな〜。





そして今日はコソボの街歩き!



とりあえず中心部まで歩いて向かいます。
DSC_87sadvas39.jpg


コソボの街。
DSasvaC_8741.jpg
とくにこれと言って観るものがありません。



いや、何もありません。



なのでただプラプラ歩くだけ。笑
IMG_0asdv225.jpg





通りを歩いているとこんな建物発見。
DSC_8743asvas.jpg

「Europian Union」(EU)


独立を宣言してからEUがいろいろな面で(警察・関税・司法)で支援してるみたい。
だからか街にはこんな車がたくさん走ってました。
DSC_87wefw63.jpg
これは国連か。笑


DSC_87asva54.jpg
ちなみにこの↑のマークはEUのマーク。


コソボの国旗はこれ。

EUと似てるね。
6つの白い星はコソボに居住する6民族の調和と団結を表しているんだって。




そしてお腹が空いたところで昼ご飯。
街中歩いててもパンに肉を挟んだサンドイッチ屋さんしかありません。
DSC_874asdva6.jpg
それかピザ屋。


なっちゃんはもう肉の臭いが受け付けられなくなっていて、自分だけ頼みました。
出て来てのはこれ。(220円)
asvaDSC_8748.jpg


これをパンに挟んで、塩をかけて
IMG_0219.jpg

DSC_8asva751.jpg


パクりっ!!
DSC_87asdva53.jpg

これがめっちゃくちゃうまい!!!


肉も炭火で焼かれてるから香ばしいし、パンももっちもちだからね。


この美味しさが分からないなっちゃんが可哀想だわ!笑






そしてお腹もいっぱいになってきた所で、ここプリシュティナのシティセンターと呼ばれてるところを歩きます。
DSC_87sav57.jpg

DSasvdasC_8758.jpg
まじ何もないわ!


だからレッドブルのニセモノ飲んじゃいました♪
DSC_8asv755.jpg
味一緒。(80円)

なっちゃんはポテトチップス食べてたけどね!
太るよ!笑





その後もぷらぷら。




この建物は
DSC_8759.jpg


よく見るとマザーテレサが描かれていました。
DSC_8760.jpg
生まれた場所がコソボ州と言われる場所だったんだって。








そしてここは「ビル・クリントン」と言われる通り。
DSwefwwC_8762.jpg

なぜそんな名前が。
そこから少し歩いて分かりました。
DSwefwefC_8767.jpg


近づいてみると「クリントン元大統領」の銅像が。
DSC_87wefw68.jpg


後ろの建物にはこんなに大きく国旗と写真が。
DSC_8wefwf770.jpg


コソボ紛争時、ベオグラードを空爆したのがNATO
アメリカが中心だからね。
その時の大統領がクリントン。
そのクリントンが敵対していたセルビアを空爆したから英雄視されてるんだろうと思う。



でもここコソボはアルバニア人が90%を占める国(自治州)


アルバニア人のほとんどがイスラム教徒だからね。



そんな国にアメリカの国旗が飾られ、元大統領の銅像、写真が飾られてるのには違和感あったな〜。




街にも国旗なんかが売ってたり
DSC_875asdva6.jpg


こんなのがあったりしてたからね。
DSC_87asdvas40.jpg







そして歩いてて見つけたこの教会らしき建物。
DSCwef_8774.jpg
道を歩いていたお兄ちゃんを無理矢理とめて聞くとここは「セルビア正教会」らしい。

でも、ここはコソボ。
セルビア人は紛争時に民族浄化等によって居場所を無くしたからか、廃墟になってました。


なんか寂しいよね。




ここは公共の図書館らしい。
DwaefweSC_8778.jpg
カラスだらけだったからね。笑
ちょっと怖いね。






そして最後はここ!
DfdwefSC_8781.jpg


コソボミュージアム!
DSC_878wfwef0.jpg


中に入ってみるとー
IMG_0238.jpg



土偶!
DwefwSC_8784.jpg

これ見るとドラえもんが思い浮かんでくるのは自分だけでしょうか?


「ドラえもん のび太の日本誕生」
51B1T0-bt8L.jpg
今の若い子は知らないのかな。笑



とりあえず不満足のまま帰りました。笑
DSC_8wefwe785.jpg





そんなこんなでコソボは2泊で終わりです。

最後のバスターミナルでも美味しそうな肉。
DSasvasC_8795.jpg


そして写真を撮れ撮れ!というコソボの人たち。
asvasvDSC_8796.jpg




コソボに来て何を感じたかというと、国レベルの話ではよく分かりませんでした。
セルビアの自治州だけど、国境も普通にあって、通貨も言葉も変わる。
だから普通に違う国に来たみたい。


ただ、あの廃墟の教会を見た時はほんと悲しい気持ちになった。



同じ人間なのにね。



世界にはまだまだ憎んだり争いばっかり。
宗教や民族、肌の色がが違うだけで。
教育を変えていかないと何も変わらないじゃないかと思う。




でもセルビアもコソボもそう。





ほんっとに人が良いんだよね。
wefwwefeee.jpg



優しさに溢れてる。





とりあえず次は旧ユーゴ圏最後の国に向かいま〜す!



今日もクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コソボ | 07:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コソボって国?

「世界一周533日目」







今日はけんとくんたちと別れ、なっちゃんと

セルビア「ベオグラード」からコソボに向かいます。
スクリーンショット(2012-11-08 23.26.50)



電車で行きたい!


と思い、チケットオフィスに行くもコソボ行きの列車は無いとのこと。
それでも電車に乗りたかったので、セルビア側の街まで行くチケットを購入。



セルビアのホーム。
DSC_87dsga23.jpg



こんな古い電車がたくさん。
DSargaerC_8729.jpg

DdgfaerSC_8725.jpg
電車マニアにはたまらんやろね♪



もちろん横は落書きだらけですが。笑
asrgaergDSC_8730.jpg




そして今日もコンパートメントで良い席も取れてテンション高め!
DagfasgSC_8731.jpg


横にきたドイツ人の女の子と話してると彼女


「ハンガリーのブタペストに行って、そこから飛行機でオランダに行くの。」


「8時間もかかるからしんどいわ。」





へぇ〜、そうなんだ〜。



って聞き流して、なっちゃんが地図を確認。
スクリーンショット(2012-11-08 23.42.17)
なっちゃんの顔を見た瞬間、分かりました。





早く降りよう!!!!




電車出発の3分前でした。笑




実は乗る電車を間違えたんじゃなく、そもそも買うチケットを間違えてたってゆーね。
なぜか知らない街への切符を買ってました。笑



危ない危ない。




そしてすぐに払い戻し(300円の手数料)、バスに変更です。
DasfasSC_8733.jpg

ここベオグラードからコソボの首都「プリシュティナ」までバスで5時間。
※首都というのは少し違うかもだけど。


所要時間5時間、値段は1700円くらい。





快調に飛ばし、セルビアとコソボの国境に到着。
arsgasrgDSC_8734.jpg



前の記事にも書いたけど、コソボは



セルビア側の主張 → コソボはセルビアの一部だ!


てことで

「コソボ・メトヒヤ自治州」





コソボ側の主張 → おれたちは国だ!


てことで

「コソボという独立国」





コソボを国として承認しているのは日本を含めた91ヶ国だけ。
その他の国はコソボを国として認めていないんです。



だから地図上では点線になってるんですね。
スクリーンショット(2012-11-07 12.06.39)



そしてこの点線の場所。
コソボ側は国としているため、ちゃんとした国境になっていました。
asfgasDSC_8735.jpg


まずはセルビア側のチェック。

いかにも怖そうな職員が乗ってきて、パスポートをチェック。
みんなの分を持って行き、なんなく終わり。
でも30分くらいかかりました。


出国スタンプなし!




そしてコソボ側

コソボは自分たちを国として宣言しているため、入国スタンプを押します。




じゃあどこを出国したことになるの?



これ、逆の場合は入国拒否される事があるらしいので気をつけて下さい。


セルビアを出たのに出てなくて、いや、出たようになってる。
なんかほんと複雑だよね。




まぁでもなんだかんだでコソボに入国!?かな。





と、ここでコソボのことを簡単に。





テレビや新聞、ニュース等でよく聞く「コソボ」「コソボ紛争」「コソボ問題」



それが今いるここのことです。
スクリーンショット(2012-11-06 19.35.25)


コソボは前にも書いたけど、「アルバニア人」という人たちが非常に多く住む場所。

政治的にも権力を握っているのはセルビア。
仕事をするにもセルビア語が必要。



コソボの人はセルビアよりも経済水準が低く、コソボの人たちはずっと昔から不満に思ってるんです。



だからおれらはおれらで独立をする!


って言ってるんですね。





ユーゴスラビアが解体していく中、各共和国が独立をしていったんだけど、その時にコソボも独立を宣言。
(実際はその前から独立を宣言してるんだけど。)




それをよく思わないセルビアがコソボを攻撃。



コソボは「コソボ解放軍」を作り、セルビアの警察やセルビア人を殺し、コソボのいたセルビア人たちをセルビアに追い出したりもしました。





これが民族浄化


虐殺、レイプ、強制出産、とにかく惨い事がたくさんおこなわれた。
難民も何十万人と出た。
この民族浄化はセルビア、コソボ側ともに。





その後、紛争は激化。



そこでNATO(北大西洋条約機構)が仲介に入り、セルビア(コソボを含む)に軍を置くことで合意。。


はせず、セルビア側が反対。





そこでNATOが1999年セルビアのベオグラードを攻撃したんです。

それが少し前に書いたベオグラードの空爆のこと。
Dsdf24SC_8589.jpg
↑これ。





その後、コソボは


「独立国ではないものの、他の国の支配下にあるものでもない。」


という微妙な立場が続き、2008年にやっとアメリカが国家としての承認を了承。



それから2012年9月現在、91ヶ国がコソボを国として承認。





だけど、コソボは国であって国ではない。







ちょ、難しい!!!!




難し過ぎるやん。。。。





何をもって「国」というのか。



もうちょっと勉強が必要みたいです。








「コソボ」って聞くとなんか怖い、危ないイメージだった。


全然知らないのに勝手にそんなイメージが出来上がってた。




明日はそのコソボを歩いてみようと思います。


今日もクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| コソボ | 07:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。