世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲバラのいる風景

「世界一周333日目」








チェ・ゲバラ

DSC_91VO62.jpg
本名:エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ







キューバと言えばまず思い浮かぶのがこのゲバラ。

彼はアルゼンチン出身のアルゼンチン人。



なぜ、アルゼンチン人のゲバラがキューバと関係があるのか。




そんなことも知らなかったけど、この世界一周中にキューバに来て、知らなかった彼の人生、彼の思想を少しだけど知ることが出来た。


そして彼が亡くなって45年経った今でもなお、キューバ人の心の中にはゲバラが生き続けていることを知った。








彼は1928年にアルゼンチンの裕福な家庭で生まれた。
小さな頃から喘息を患っていて、そのために住みやすい地へと何度も引っ越しを繰り返した。


医者になって同じような病気の人を助けたいと思い、医学部に入学。
そしてその学生の頃に親友のアルベルト・グラナードとラテン・アメリカをオンボロバイクで放浪。
その時の放浪の様子が映画化されたのがあの有名な「モーターサイクル・ダイアリーズ」
(これお勧め!)


その放浪の旅で彼が見たもの。

アメリカによる中南米諸国への経済支配、
貧しさのあまり病院に行けない人たち、
鉱山で劣悪な条件で働かされている人、
地主やアメリカ企業に搾取され、貧しい生活をさせられる農民たちなど。。



その後、彼はメキシコに行き、亡命中のフィデロ・カストロに出会う。

(現在、カストロは国家元首を退き、今のキューバの国家元首は弟のラウル・カストロ。
つい最近、キューバでローマ法王と会談していましたね。)




そのカストロの祖国キューバはその頃、他の中南米諸国と同様にアメリカに搾取され、農民は貧困に喘ぎ、教育もままに受けられないため、読み書きも出来ない人がたくさんいた。



そして反乱軍としてキューバに向かい、最初は軍医として、後にゲリラ戦士として政府軍と戦った。

彼はその戦いの中で、絶対的な判断力、分析力、人間的な優しさで頭角を表し、
反乱軍のリーダーの中の一人として認められるようになった。


戦争中、野戦病院にやってくる貧しい農民たちを無償で診たり、
見方兵士はもちろん、相手兵士でさえ怪我をしていたら診ていたそう。


現在のキューバの医療費は無料。
彼が中南米の旅で見て、キューバでも見て、感じ、押し進めてきたこと。

そして、もう一つ。
キューバの教育費も無料。
当時は読み書きの出来なかった人が非常にたくさんいたけど、現在のキューバの識字率は100%。




その後、ゲリラ戦を経て、首都ハバナを制圧。

1959年にキューバ革命の達成。





その後、彼はキューバの市民権を得て、

国内では企業の国有化、農地改革

海外へはキューバのスポークスマンとして海外を駆け巡りました。




そして第二、第三のべトナムを。と、キューバを出ることを決意、向かったアフリカ・コンゴでは社会主義政権を誕生させようと左翼の反乱軍に参加。
しかし、その革命は失敗に終わり、次は南米ボリビア。



そこは彼にとって最後の地。



ボリビアでも革命軍として戦闘に参加。
しかし、そこでも苦戦を強いられ、ついにはボリビア軍に逮捕、射殺された。




その時、ゲバラは39歳。1967年。


それから45年経った今でもキューバを歩いてると街のあちこちで彼を見かける。
DSC_81gb91.jpg

DSC_81vbs76.jpg

DSC_8cvb126.jpg

DSC_842sgbs0.jpg

DSC_88sgfbs40.jpg

DSC_89sdfb75.jpg

DSC_834sgbs3.jpg

DSC_83gbs61.jpg

DSC_86sbgs87.jpg

DSC_88sgbs46.jpg

DSC_9sdbf305.jpg

DSC_81fgbs22.jpg




それほど、彼が人々を魅了し続け、愛されてきた証拠。





現在、ハバナにはゲバラが住んでいた家が残されている。

写真や当時のままの部屋が残っていて見学も出来るようになっている。
DSC_91sbg63.jpg

DSC_91sdb65.jpg

DSC_91sdbf61.jpg

DSC_9sdfb160.jpg








ゲバラの家から見える対岸、ハバナ。
DSC_9158.jpg
革命後、彼はこの景色を見て何を思っていたんだろうか。


世界を変えようと、すぐに次のことを考えていたのかな。





今なお、多くの人を魅了し、愛され続けているゲバラ。





彼が行った革命、そして考えや思想。






自分も魅了された一人になった。





キューバに来ることによって、いろいろと知ることが出来てほんとによかった。
DSC_9sdb155.jpg



今日はゲバラクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| キューバ | 08:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

りょうすけさん*

自分も顔だけで全然知りませんでした!
やっぱりかっこいい!!
いろいろと知れて更に思いました♪
と、今キューバ起点のカンクンってとこにいますよー!
明日出ちゃいますが><

| daisuke | 2012/04/23 07:21 | URL |

ゲバラがそんなにすごい人だったの知りませんでした、顔よく知ってたのに・・・
キューバの人がずっとおもいつづけるだけあるんですね!

来週から友達もメキシコとキューバにいくといってました!
もしかしたらだいすけさんと会うかもしれないです笑

| りょうすけ | 2012/04/22 13:55 | URL |

keitanさん*

お久しぶりです!
自分も全く知りませんでした。
けど、キューバに行けて、少しだけだけど知れて良かったです!
日本は桜が散り始めたんですね。
寂しい日が少し続きますね。
そして梅雨。
次は夏!
四季を感じたいです。
あっ、Skype中に寝ないようにしてくださいね~♪笑

| daisuke | 2012/04/22 12:15 | URL |

ゲバラ…

ヴィレッジバンガードで、ゲバラさんのTシャツ売ってるけどそんな詳しくは知らんかった。キューバ…深いなぁ。ありがとう。このブログでなんか少し知れた気がする。
日本は桜がもう散り始めましたよ。。これからも、気を付けて旅って下さいね。

| keitan | 2012/04/22 08:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/311-fec4a7a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。