世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陽気なキューバ♪と。。。

「世界一周333日目」






キューバって勝手なイメージで黒人の多い国だと思ってた。

けど、空港に着いて、街に出て驚いた。




白人が多い!


半分以上いるんじゃないかって思ったくらい。
DSC_82dfgnd37.jpg

DSC_81dsgb69.jpg




キューバの野球は有名だけど、白人の選手ってイメージがない。
DSC_82fdgnd86.jpg

DSC_885dfhn9.jpg

DSC_93dfnd68.jpg





そして、そのキューバ人。



白人も黒人も混血の人もほんっとに人が良い!!
ビックリするくらい。
DSC_8fdndf857.jpg



片言のスペイン語で道を聞けば、詳し過ぎるくらい教えてくれたり、分からないと他の人に聞いてくれたり。




ほんとに助けられながら旅をしてる。



旅って一人だけど、一人じゃない。



一人だけど、独りでもない。




こうやって世界中のいろんな人に助けられて旅をしてるんだなー。って思う。








ハバナを歩いていたら、タクシーやリキシャの兄ちゃんに
DSC_8dfgnd185.jpg

「ヘイ、チーノ!タクシー!?」

って言われるから



「ハポネス(日本人)!」

って言うと笑顔で、


「おー!日本人か!」

って言ってくれる。
DSC_8dhn987.jpg




これまでにいろんな国をまわってきたけど、キューバ人はその中でも親切で陽気な人が多い気がする。


旅行者が多いから情報ノートとかに載ってるような嘘を言ってきたり、騙してくる人も何人かいたけどそれもしつこくないし、NOと言えば簡単に諦めてくれる。


夜は中南米では珍しく、外出しても全く問題ないし、キューバの治安はかなり良いそう。





だから、キューバに来てすぐにキューバが良いって思えたし、
この国好きになりそう!って思った。


そーゆうのって、直感だし、会う人によっても決まってくるような気がする。








子供たちも写真を向ければ笑顔で撮らせてくれるし、
DSC_92dfgn97.jpg

DSC_815dfhnd9.jpg



お店のおばちゃんも逆に写真を撮ってくれって言ってきたり。
DSC_89fnd90.jpg




このおばちゃんはー、
DSC_dfgn8063.jpg
撮って!って言ってきたのにこんな顔だったからね。笑





通りを歩いていても、声をかけられたり、声をかけたり。
DSC_dfng8190.jpg

DSC_9dfn299.jpg

DSC_81dfgn81.jpg



ほんとに良い人ばっかり。






大好き、キューバ!









で、終わってたと思う。

普通なら。









でも、この国を旅して行くうちにいろんな疑問を抱くようになった。








それはこの国が「社会主義国」だから。かな。










キューバに来て初めてタクシーを乗った時、運転手に


「キューバから帰るのはいつだ?」
「おれなら15CUCで空港まで行ってやるよ。」



これはキューバ滞在中に3回くらい聞いた。
帰りのタクシーのことを、キューバに来てすぐに聞かれるなんて思ってもいなかったから不思議だった。




そして、宿の客引き。

バスターミナルに着くと、熱心にそして真剣に宿の説明をしてきた。
聞く耳を持たなくても、それでもずっと。
キューバ人は良い人が多いから、全然強引さは無いんだけど、それも少し驚いた点。


宿に着いたら着いたで、朝ご飯と夜ご飯を凄く勧めてくる。
(これも強引じゃなく)


そして、タクシーやリキシャ、お土産屋さんに煙草売ってる人たち。







とにかくお金にはほんとにシビアなイメージだった。







キューバは社会主義国なので、給料の格差はそんなには、ない。


が工場や機械などを一括して管理。
その労働で得た利益を給料として国民に平等に配る。


職種によって給料の違いは少しだけあるけど、それでも格差はほとんどない。

いくら働いても、いくらサボっても給料は同じ。




国民全員が平等であるということ。




それが社会主義。







だからこそ、なんでそんなにお金のことを言ってくるのか。


いくら稼いでも、みんな給料は同じでしょ?






と、不思議に思ってた。







ちなみにキューバでよくある民宿(CASA)は15CUC(1,300円くらい)
(外国人用にホットシャワー、エアコン、ファン、プライベートバスルーム設備が条件で、国から許可を得て営業している。)
DSC_8dbda835.jpg
CASAのマーク(45rpmみたいだね)



労働者に対してこっちは自営業。
(キューバには現在、多くの自営業者がいるみたい。)

毎月一定の税金を支払わなくてはならず、この民宿(CASA)で言えば1部屋あたり月に100~250CUC(8,000円~22,000円)を収めなければいけない。




キューバ国民の月収が約2,000円。
(格差はほとんどなし)


そして、この民宿(CASA)の税金が月に8,000円~22,000円。



タクシーの運転手も同じ。






だから、自営業の人たちは稼がないと食べてはいけない。
もし、客がつかまらなくては死活問題。


そして稼げば、大半のキューバ人より贅沢な暮らしが出来る。



月に2,000ほどの給料を貰っている人も最低限の配給があり、普通に暮らす分には支障がない。


インターネットが普及しておらず、テレビのチャンネル数も極わずか。
海外の情報も手に入らない中で、観光業を押し進めているキューバ。

4円のキューバコーヒーを飲むキューバ人と400円のカプチーノを飲む外国人。


そして2,000円もするタクシーにも普通に乗る。


そりゃ、真横でこんな外国人を見たらまだまだ稼いで好きな物買って、食べたいって思う。


よね?






社会主義は国民が平等だとは言っているけど、平等が良いとは限らないのかもね。









同じ宿に泊まってた子が言ってた。





ウガンダで数ヶ月暮らしていて、死んでいく子供たちを普通に見てきた。




そしてキューバに来て、そこまで貧しい人を見ることがなく、国民全員が平等に給料を貰い、平等に暮らしている。





あー、社会主義っていいんだな。

って。






だけど、その後のその子の言葉がすごく印象的だった。







キューバ人は、最低限の生活が出来る。
配給もあって、食べ物もある。








だけど、一つだけキューバ人には無いものがあるんだって。










それが「夢」










キューバは土地も家も車も国が管理していて、そしていくら働いても給料は同じ。


そしていくら稼いでも家を新しく持つこともできない。
住んでいる家は昔からの家。




そして一般のキューバ人は海外にも出ることはできない。



だからキューバには海外に亡命(いや移住という言葉の方が正しいのかも)する人がほんとにたくさんいるんだって。
(詳しくは聞いてないけど、キューバ人が海外に住むためには外国人からのインビテーション(招待状)が必要らしく、それを目的に近づいてくるキューバ人もたくさんいるそう。)






キューバは医療費も教育費もタダで識字率も100%。






食べれなくて、死ぬこともないけど、そうやって国がモノを管理している。








「夢」がない。





というか、夢を持つことが出来ない。




夢を持つことは自由だけど、その自由もない気もする。





自分はこうやって日本で稼いだお金で世界中を旅してて。









もし自分がこんな社会主義の国に生まれたら?









自分なら、やっぱり頑張って稼いで世界中を見てまわりたいって思う。
美味しい物食べて、オシャレして、海外旅行して。

情報のない国に生まれたらそんなこと思わなかったのかな。








社会主義もいろいろと良いとこ、悪いとこがあるんだね。









「キューバ人は顔で笑って、心で泣く。」


っていう言葉があるそうなんだけど、けど根本的なところはみんな同じ。
DSC_90sgbsg95.jpg




陽気で優しく、親切。
DSC_91sdbs09.jpg

DSC_911sdb3.jpg

DSC_9gbs116.jpg

DSC_9vdbsd092.jpg

DSC_91dsbgs17.jpg







そんなカリブ海の国、キューバに来れて、優しさに触れられて、少しだけでもキューバのことを知れて良かった。








もうちょっとキューバを楽しもうと思います!
DSC_83dfgnd99.jpg




来たからには思う存分!!






今日撮った写真たち♪
DSC_9fngd365.jpg

fgnd.jpg

DSC_81hdhn82.jpg

DSC_935dhnd7.jpg

DSC_80dfgnd71.jpg

DSC_81dfgnd96.jpg



今日もクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| キューバ | 10:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

綾さん*

キューバなんですねー!!!
謎のキューバ、楽しんで来て下さい♪
自分はもうすぐメキシコからグアテマラへ!
チュロス見つかるといいですが^^

| daisuke | 2012/04/23 07:22 | URL |

daisukeさんのゲバラや社会主義の話、とっても興味深いです。
明日からキューバなので、できる限り自分でも感じたいと思います。

チュロ探してみます♪

| 綾 | 2012/04/23 05:58 | URL | ≫ EDIT

ななさん*

コメントありがとうございます♪
行くまではキューバのことはほぼ何も知らなかったんですが、行くことによって少しですが知れて良かったって思っています。
自由がない国なんていっぱい見てきたんですけど、キューバはまた違った自由のない国でした。
ほんとに知ることって大事ですよね。
ただ知るだけでも。
ななさんは夢があるんですね!
その夢に向かって頑張ってください♪
また暇な時にでもブログのぞきにきてください!

| daisuke | 2012/04/22 12:12 | URL |

たーちゃん*

キューバにおる時、そーいえばたーちゃんもキューバ行っとったな~!って思った!
モヒート!
キューバを好きになり理由が行って分かったわ。
最高!
いろいろ考えることもあったけど、それでも直感で良いって思った!
新婚旅行、ケニアか~!!
どっちが先に行くかね。
とりあえず金沢のカニ、楽しみにしときます(ーωー)笑

| daisuke | 2012/04/22 12:09 | URL |

いつも、楽しくブログを見させてもらってます!!!(^-^)
普段の生活の中ではあたりまえすぎて、自由を意識することはありませんね。キューバの様な社会主義国を知ると逆に、自分達のこの環境を客観的に見る事にもなり、やっぱり知る事って大切やなぁって感じます。
私も夢に向かって頑張ります(^-^ゞ
だいすけさん、旅を楽しんでー。応援してまーす♪

| なな | 2012/04/21 15:51 | URL |

キューバ最高☆
私もキューバで色んなこと考えたー!!
何か、不思議な感じだったのを覚えてる。色々と、自分が過ごしてきた環境と違うから。
色々あるけど、やっぱり笑顔は最高だね♪

だいちゃんの写真、ホントに素敵*
また、どこかで逢いたいね☆

新婚旅行はケニアに行く計画中♪だいぶ先だけど。。

| tawooory | 2012/04/21 14:01 | URL |

やまちゃん(たんがく)*

確かにそうですね。
夢が持てたとしても夢がない人も多いのかもしれません。
やりたいことが出来るってほんとに幸せなことなんですよね。
自分も帰ったらやりたいことしようと思ってます!
前進あるのみ!

| daisuke | 2012/04/21 11:03 | URL |

キューバの人たちって、明るくていい人たちなんだね。
何か抑圧されているイメージがあるけど・・・。
夢がないのはつらいなぁ。
だけど、日本人には夢があるんだろうか・・・。

| やまちゃん(たんがく) | 2012/04/21 10:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/313-949f0341

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。