世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めて見た、嘆きの壁。

「世界一周560日目」







「嘆きの壁」

DSC_9854.jpg

紀元前965年頃、現在「神殿の丘」と呼ばれているところに神殿が建てられました。
それが西暦70年にローマ軍によって完全に破壊され、その残った壁の一部のことを「嘆きの壁」という。



ユダヤ人はこの壁の前で祈ります。



大昔に破壊されたこの壁、そして神殿の再建のために。







エルサレムの旧市街を歩いていると、今までいろんな国で見てきたムスリム(イスラム教徒)の人たちを見ることができる。
そして、スカーフをかぶっているキリスト教の女性たち。
DSasdfasC_9818.jpg



この光景は今までの国でもよく見てきた光景だけど、初めて見た光景があった。





それがユダヤ人の格好。





初めてイスラム教の女性が着る黒い服(全身を覆う)や、頭にスカーフを巻いてる姿を見た時は驚いた。
あー、世界にはこんな格好の人がいるんだ、と。
それはチベットでもインドでも全く同じ。





そしてここエルサレムで見たユダヤ人の格好にもとにかく驚かされました。



黒い服に黒いハット、そして髪の毛。
DSC_978sdfgds4_20121205154304.jpg
しかも子供から大人まで。


そんな格好をしてる人がどこにでもいる。
DSwegr43C_9958.jpg

DSwefgweC_9967.jpg



これはどこかで教会でもモスクでも博物館でも何でもないからね。
DwergewSC_9960.jpg




そしてもう一つ驚いたこと。
それがこれ。
DsdfgsSC_9376.jpg
とにかく多い警察官。
しかもみんなこんなに大きな銃を持っている。


若い女の子たちまで。
DSdsfgdsC_9835.jpg



休憩する時もみんなで話す時もマクドナルドに行く時もバスや電車に乗って移動する時も、いつもこの格好。
DSC_9903.jpg

だから初め見た時からずっとずっと違和感があった。





そんな外見や警察官にも驚きながら、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」へ。
DSsdfgsdC_9401.jpg



ここはずっとずっと来たかった場所。
テレビや雑誌でしか見たことのない光景だったけど、なぜか来たかった。



黒い服を来て、大きな壁の前でただただ祈る。




そんな光景を見て、凄く凄く興味が湧いていた。






そして遠くに見えた「嘆きの壁」
DSC_983sdfgds8.jpg
左の奥に見えるのがイスラム教の聖地「岩のドーム」



ユダヤ教の聖地の奥にイスラム教の聖地が見える。

これには物凄く違和感があったけど、歴史を知ると納得。





ユダヤ教が一番最初にここに神殿を造り

    

後にキリスト教が支配。


    


そして6世紀にイスラム教のものになった。
その時にこの嘆きの壁の上に「岩のドーム」を作り、イスラム教の聖地にしたんです。





だからこの嘆きの壁の上は


ユダヤ人にとっては  「神殿の丘」


イスラム教徒にとっては  「ハラム・アッシャリフ(神殿の丘)」




ここ「神殿の丘」には両方の聖地があるんです。






そしていざ、嘆きの壁へ。
DsdfgsgSC_9358.jpg





嘆きの壁は男性側女性側に分かれています。
DSC_98dsfgds37.jpg
観光客でも中に入れます。






入るにはこの「キッパ」と呼ばれる帽子のようなものを被らないといけません。
DSC_93dsfgdsg75.jpg
観光客用にと置かれているこの「キッパ」はユダヤ人が被っているもので、頭を覆うことによって、頭上に神がいることを現すようです。


警察官も被ってました。
DSC_9895.jpg








そして嘆きの壁に近づくとびっくり。
いや、もうとにかく初めて見る光景が目の前にあるのと、神聖な場所というのが合わさって声も出ませんでした。
DSC_9sdfgd782_20121205154305.jpg



ユダヤ人の独特の格好。
DSC_97sdfgds79.jpg

DSCsdfds_9360.jpg

DSC_9dsfgds787.jpg


子供まで。
DSC_979dsfgd4_20121205154304.jpg





そして嘆きの壁の前で祈る人。
DSC_986wergwe3.jpg


嘆く人?
DSdsfgdsC_9824.jpg


本を持ちながら祈る人。
DSergewrC_9861.jpg

DSC_98wergwe67.jpg


手をつけて祈る人。
DSC_98ergew65.jpg


頭をつけて祈る人。
DSC_98wergwe88.jpg

ewergewr.jpg


座ってる人。
DSsdfgdsC_9825.jpg


頭を大きく降りながら祈る人。
DSC_97sdfgs92.jpg


ユダヤ人は全員この黒い服にハットの格好という訳ではなく、実はこの格好は一部の人たちのみ。
(これはまた明日書きます。)
DsdfgdsSC_9796.jpg



そしてこの壁の奥はトンネルみたいになって奥に続いていた。
DSsdfgdsgC_0006.jpg


そこでもたくさんの人がお祈り。
DSC_0dgeterer004.jpg


中には





もう何もかもが新鮮だからとにかくびっくり。
DSC_93sdfgds73.jpg



何でこんな格好をしてるんだろう。

壁の前で何をお祈りをしてるんだろう。

何のためにお祈りをするんだろう。

DSdsfgdsgC_9371.jpg





最初はそんなことも分からずにただただ「嘆きの壁」に行っていた。
DSC_93sdfgds77.jpg




何も分からないけど、ここには凄く来たくなってただそれだけで毎日来てた。
DSdsfgC_9852.jpg




それから何日も経ったけどその理由は分からない。
DSC_9wegrwe884.jpg

ユダヤ人という人種を全く知らなかったから興味が湧いたのか。
アウシュビッツで何百万人ものユダヤ人が殺され、そして何千年もの間、ユダヤ人は迫害や差別を受けてきた。
今、世界でも大問題となっている「イスラエル」という国を作ったのがユダヤ人。

だからユダヤ人はどんな人種なのか。



ただ、初めて見たからなのか。






そんなユダヤ人・ユダヤ教のことをもの凄く知りたくなった。
写ewrgwe真 1






なので次は「ユダヤ教・ユダヤ人のこと」を書こうと思います。



今日もクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| イスラエル | 06:35 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イノキ*

うっさいわー!ボケー!!笑
世界一周しても猫背は直らんやったわ!

| daisuke | 2012/12/10 03:13 | URL |

久しぶりやでー!

つーか俺は気付いてしまったぞ!


それは姿勢!
嘆きの壁に拝み過ぎてみんな猫背じゃん!!

そしてダイの姿勢に少し似てる。

| イノキ | 2012/12/10 00:22 | URL |

Mariさん*

そうですね。
いろんな祈り方を見ることができました。
あのおじいちゃん、いろんな人が見てるみたいで写真見せると、自分も見た!
って人が何人かいてビックリしました。
ずっと壁の前で何を祈ってるのか。
気になります。

| daisuke | 2012/12/08 07:00 | URL |

祈り

人それぞれいろんな祈り方があるのですね。。。。穴だらけのジャケットを着たみずぼらしいおじさんの姿が印象的でした。。。私が神様だったら、あの人の祈りはちゃんと聞きとめてあげたい。。。。。

| Mari | 2012/12/07 05:21 | URL | ≫ EDIT

流星さん*

いえいえ、ありがとうございます!!
確かに女性の方にコメント。。。
でも全然良いですよ♪
たまにはこっちも待ってますね^^

| daisuke | 2012/12/07 02:21 | URL |

yukariさん*

ありがとうございます!
難し過ぎるんですけど、感じたことや見たことをたくさん書いていきますね!
と、エジプト情報ありがとうございますー!!!
まじで嬉しいです!
カイロ行ったらそっこーコシャリ食べてきます♪

| daisuke | 2012/12/07 02:19 | URL |

敏夫さん*

ほんとにその通りだと思います。
宗教とは、と考えさせられる場所であり、いろいろと感じることもありました。
時にして宗教は悪い方向へと導いていくものなんでしょうか。
それとも人間の欲なんでしょうか。
自分は未だに宗教というものが分からないのですが、ここに来てほんとに良かったと思っています。
血抜き肉、食べませんでした。
いつかユダヤ人地区で食べる機会があれば試してみます!!

| daisuke | 2012/12/07 02:14 | URL |

たかびさん*

ありがとうございます!
現地はやはり独特な雰囲気でした。
神聖で、もの凄く惹かれるというか。
初めて見て、感じた宗教だからですかね。
次もユダヤ教のこと書きますね〜!

| daisuke | 2012/12/07 02:07 | URL |

久しぶりです。
というのも、ダイスケさんがなっちゃんさんのブログを紹介してからなっちゃんさんのブログにコメントする回数が多くなり…

内容が同じなのでやはり女性の方にコメントしてしまいます(^^;;

| 流星 | 2012/12/07 01:21 | URL |

しっかり感じて、気になったことはさらにとことん感じて…
そしてわかりやすい言葉で伝えているdaisukeさんのブログは読んでいて本当に気持が良いです。
エジプトネタも早く!と思いますが、ユダヤ人についてもとことん書いてください。
続きも楽しみにしています!

| yukari | 2012/12/06 16:29 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/06 10:51 | |

写真からも現地の独特の雰囲気というか様子が伝わって来ます。
現地はさらに凄いんでしょうね!

写真もいつにも増して上手いですね^_^

続きが気になります。続きを楽しみに待ってまーす( ´ ▽ ` )ノ

| たかび | 2012/12/06 07:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/685-7c8efca0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。