世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな壁、見たことない。

「世界一周562日目」







今日はエルサレムから少し遠出をして「ベツレヘム」という場所に行きました。




この「ベツレヘム」、実はパレスチナ自治区なんです。





前にも書いたけど、イスラエルには「パレスチナ」という自治区が存在します。
20121201fe07524997d.jpg

今回行った「ベツレヘム」は赤で塗りつぶしているヨルダン川西岸地区。



このヨルダン川西岸地区には約220万人ものパレスチナ人が住んでいます。







エルサレムからバスで45分。
ベツレヘムに到着しました。
DSCsvsdfv_9747.jpg
イスラエルという国から来たけど、この降りた場所はパレスチナ自治区。


さっきまでは周りはイスラエル人ばかりだったけど、今は見渡す限りパレスチナ人です。
難しいね。





今日はタクシーをチャーターしてベツレヘムをまわることにしました。




そして見えてきたこの光景。
DSC_9720.jpg

DSC_9719.jpg

これ見る限りでは、「刑務所か何かあるのかな〜。」なんて思うよね。




でもね、この上をよーく見て欲しいんだけど
DSC_9728.jpg
これ、一番上の有刺鉄線がこっち側に向いてるよね?




実は、今いるここが





今立っているこの場所が、あの壁と有刺鉄線で隔離されてるんです。





実はこの壁、「分離壁」と呼ばれているもので、イスラエルがパレスチナとの境界線にこんな大きな壁を作っているんです。


いや、今もなお作り続けてる。



その壁の高さは何と約10m
総延長703kmのうち408kmが建設済み、63kmが建設中、残り232kmは未着工なんだそう。




この壁が、ずっとずっと続いてるんだよ?




イスラエルがこの壁でパレスチナを囲んでるんだよ?







何でこんな壁を作るのかというと




イスラエル側の説明は


→この壁を作ることによって自爆テロの防止。






でもね、実際は



占領・入植した土地の固定化とパレスチナ人の隔離。


パレスチナ人の人口が増えることを抑制する。



ことなんだって。




この壁を作る際に、パレスチナ人の土地や家は破壊され、今までそこに住んでいた家族は強制的に移動を余儀なくされ、元の家には帰れなくなったんだそうです。

この壁が出来たおかげでパレスチナ人の生活は一変。





パレスチナ人はもうこの壁を越えることは出来ない。




だからかこんなモニュメントも。
DSC_9dsfvdsf681.jpg

鍵はまだ持っている。

いつかは自分の家に帰る。



ということ。







ここベツレヘムにある「分離壁」にはたくさんの絵が描かれていた。


「Don't give up the fight bring the truth to light」
DSsfvsC_9686.jpg


「We will win」
DSCsdvsdv_9683.jpg


「Free Palestina」少女が武装解除をしている。 
DSC_96edgewtg79.jpg


「Hope」
DSsdfvsdC_9737.jpg


DSC_96sdvds82.jpg

DSC_97sdfvdsv36.jpg

DSC_9730.jpg

DSdsvC_9733.jpg

DSsdfvdsC_9708.jpg

DsdfvdsSC_9701.jpg

DSdfvdsC_9703.jpg

DSCdsvsd_9707.jpg

DSsdfvsdC_9751.jpg



ほんとにほんとに大きな壁。
DSsdfvdsC_9715.jpg

DSCsdfvds_9713.jpg

DsdvfsdSC_9717.jpg

DSscvsC_9688.jpg




中には有名なバンクシーが描いた絵もいくつか。
DSsdfvsdC_9721.jpg

DSsdfvsdC_9723.jpg

DSsvsC_9752.jpg



ここ「ベツレヘム」には、イエスが生まれたとされる生誕教会があるんだけど、2002年にイスラエルとパレスチナの戦闘があって、ここに逃げ込んだパレスチナ人を追ってイスラエル軍が侵攻し、 生誕教会も戦場の一部になったんだって。
DSC_9772.jpg




ベツレヘム(パレスチナ自治区)からエルサレムに帰る途中にあった検問。
DSdsfvdsC_9778.jpg
大きな銃を持った警官にパスポートを見せての「入国」でした。








2003年には建設中止と撤去を求める「国連決議」が、2004年には「国際司法裁判所」の勧告がイスラエルに出されている。




でも、イスラエルはそれを無視し続け、今でもこの「分離壁」を作り続けている。







別名「アパルトへイトウォール」
DSdsfvdsfC_9696.jpg
※アパルトヘイトとは、南アフリカで行われていた人種隔離政策のこと。







実際にこの壁を作ることにより、「テロ」は減ったそう。


でも、そんなんでいいの?

解決策を完全に間違ってる気がする。



テロを無くす、という根本的な解決を。






こんな壁を作って、土地を奪い、パレスチナの人たちを閉じ込めて。




そりゃ、憎しみが続く一方だよね。



テロなんて終わる訳がない。
DsdfvdSC_9735.jpg


負の連鎖。









てか、思った。



テロを無くすとか、テロを防ぐとかって言うけど







これってどっちがテロリスト?

dfvdsvsdfddfv.jpg




次もパレスチナ自治区に行ってきます。
今日もクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| イスラエル | 10:05 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Eriさん

初めまして。
コメントありがとうございます!
自分は学生でも何でもない社会人です。
辞めていろいろと旅をしましたが。
でも、日本にもたくさんの若い人たちが世界中を旅していろいろなことやものを経験して自分の目で見ています。
本当に良いことですよね!
また行ってみたい国の一つです。

| daisuke | 2016/08/11 12:15 | URL |

はじめまして

はじめまして。パレスチナの壁について検索していたら、こちらに辿り着くことができました。

管理人様は学生さんでしょうか?一般的な社会人では滅多に観れない貴重な写真ですね。
現在、私はイギリスに滞在しています。こちらにもパレスチナからやって来た人々も住んでおり、パレスチナ人の人道支援を目的とするngoとの交流に恵まれ、パレスチナに関心を持ちました。
日本にもパレスチナに関心のある方がいらっしゃること、嬉しく思います。

| eri | 2016/08/05 16:54 | URL |

しんまん*

うん、行けるよ!!
壁もやし、行き来も出来る。
チェックがあるけど。
もうイスラエルから出てエジプト。
次はいっちゅん連れて、イスラエルへ!!

| daisuke | 2012/12/11 01:57 | URL |

shushuさん*

初めまして!
コメントありがとうございます。
確かに日本にいると、偏った情報が入りやすいかもしれません。
海外に来て一番思ったことです。
それが正しくても、間違っていても。
イスラム教なんて、特ににそうだと思います。
疑ってばかりもいけないですが、疑問を持ちつつ情報を受け取るのも良いかもしれないですね!

| daisuke | 2012/12/11 01:53 | URL |

敏夫さん*

そうだと思います。
このままでは絶対に絶対にテロ、そして争いは無くならないと思っています。
まずは知り、それを伝えていき、少しでも行動にしていくことが自分たちの出来ることなんですかね。
と、さおりさん帰国されましたね!
最後は食中毒にもなってたので心配してました。
パワーある女性なので日本でも活躍間違いなしですね!
自分も本当にお世話になりました。
また日本で会える事を楽しみにしています。

| daisuke | 2012/12/11 01:37 | URL |

壁まで行けるんやねぇ!!ってか、バンクシーの落書きアートって残ってるんや…。それ知らなかった。

その寛容性が世界って感じがしたな。

当たり前だと思うけど、パレスチナはマジで気をつけてね。

| しんまん | 2012/12/10 23:15 | URL |

初めてコメントします

いつも楽しみにブログ拝見しています(^^)
平和な日本に住んでいる私たちは
世界の状況をテレビなどのニュースで知るだけで
その情報が知識の元になってしまいますよね。

もしかしたら偏った見方なのかもしれない情報を正しいものとして受け取ってしまう怖さってあるんだなと思いました。

私もいつか、絶対自分の足で世界を見てみたいです。
これからもブログ楽しみにしていますね、気をつけて旅を続けてください。

| shushu | 2012/12/10 23:12 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/10 17:43 | |

イノキ*

元気かー!?
また帰る前に連絡するけ!
帰ったらいろんなとこに落書きしまくろうや。
電車とかバスにさ。
ヨーロッパは凄いわ。
落書きだらけ。
日本は凄いわ。

| daisuke | 2012/12/10 01:22 | URL |

ズールさん*

初めまして。
コメントありがとうございます!
この世界には本当に知らないことがたくさんありますよね。
全てを知ることは難しいですが、一つ一つ自分の目で見て、そして疑問に思う。
やっぱりまずは知ることですよね。
まだまだこれからもいろいろと学んでいきたいと思います。

| daisuke | 2012/12/10 01:19 | URL |

朝、目が覚めたら憎しみあってたことや、過去の出来事を全て忘れてたら、何この壁!!ってなってさー、せっかく大きいから絵でも書くか!
ってなってから、日照権的に日当たり悪くて邪魔やけ壊そうってなって
気づいたらみんな友達でさ!

俺は落書きしまくりたいな!しょーもないやつ!

| イノキ | 2012/12/10 00:36 | URL |

全然知りませんでした・・・

この壁の存在、全く知りませんでした、、、。
世の中が平和になるためにいろいろな努力をしたいと思っているのですが、
まずはリアルな世界の現状を知らないと行けないな、と
改めて感じさせられました。

いつも楽しみながら学びながら見させていただいております。
ありがとうございました。

| ズール | 2012/12/09 22:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/693-84720c09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。