世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな民族見たことない!ムルシ族編。

「世界一周613日目」







今日はついにあの民族の村へ!


あの民族とはエチオピア南部に住む「ムルシ族」のことで、とにかく奇抜な格好、そして口元に付けているお皿がとにかく印象的らしい!








ジンカの村からは個人では行けないので、宿で一緒になった人たちと車をチャーターして行きました。



こ〜んな砂利道をどんどんどんどん山奥へ進んで行きます。
DSC_6007.jpg



見たこともない鳥や
DSC_6008.jpg



見たこともない家。
DSC_6010.jpg
ムルシ族の家かな。






車は悪路を約1時間半。
ひたすら山奥に向けて走ります。




そりゃこんな山奥に来れば、変わった民族もいるわ。




ってくらい首都アディスアベバから離れた場所。






途中、いきなり現れたムルシ族!!
DSC_6014.jpg



なになに!?



っと思いながらもその人をスルー。笑




自分の村へ来るようにと、呼び込みの人だったらしい。笑






そしてそれから10分後



ついにあの「ムルシ族」の村に到着です!!!!
DSC_6015.jpg







車から降りると

DSC_6027.jpg




わっ。
DSC_6032.jpg



おわっ。
DSC_6036.jpg

ちょ、ムルシ族。。。




すげーやん。
DSC_6038.jpg
でもまじ痛そう。。。
直視できないわ。。。



でも、まじで凄い。
DSC_6054.jpg
凄過ぎる。。。





この口に付けているのは「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作ったお皿。
取り外しは可能で、こんな風に前歯は抜かれてる。
DSC_5996.jpg

数百年前に奴隷として新大陸に送られるといった悲しい過去があり、お皿を付けることで自分の容姿を醜くし、商品価値を無くす。



といった意味があったそう。



でも、今では大きい方が美しいとされ、結婚する時にこのお皿が大きいほど女性が貰える牛の数も多くなるそうです♪
DSC_5693.jpg
この人たちは前日にジンカ村のマーケットで会った。




でも、あまり大きくしてもね。。。
痛そうで、直視できません!
DSC_5695.jpg







そしてこのムルシ族。



写真を撮るには全員お金が必要です。



他の民族より高い「5ブル(25円)」が相場。

DSC_6023.jpg







最初はそうでもなかったけど、写真をお願いするとどんどん近寄ってきて



「5ブル!5ブル!」


って言われました。




あまりのしつこさに写真を撮る気も無くすほどだったけど、それもこれも全部は自分たちのせいだもんね。
DSC_6068.jpg






まぁせっかく高いお金を出して来たんだから、写真を撮らせてもらいました♪
DSC_6057.jpg

DSC_6062.jpg




この人はこっちからお願いしたおばちゃん♪
DSC_6067.jpg







お、そういえば鞄の中に飴が大量にあったんであげると。。。



飴のために子供が群がる群がる!


山奥に住んでるから飴もそんなに食べれないんだろうね。
飴一つをこんなに欲しがる子たちも初めて見た。


普段は自給自足だろうから。






ちなみに彼らの家。
DSC_6022.jpg


おっ!
DSC_6029.jpg
こんにちわ♪



子供もしっかりご飯を作ってました。
DSC_6019.jpg





最後はみんなに飴をあげて
DSC_6041.jpg
子供たちはお金より飴が欲しかったんだろうな〜。
もっと持ってくれば良かった!






いろいろ考えることもあったけど、これでお互いの関係が成り立ってるのなら、と自分で言い聞かせてました。
でも、この時代に唇を切り、こんな大きなお皿をはめて暮らす人たちがいるなんてね。



「世界まる見え」でしか見たことなかったからもうずっとビックリ!






ここまで来るのは結構きつかったけど、こんな民族が見れるなんてね。






やっぱムルシ族凄いわ!!!
IMG_0770.jpg




今日は驚いた人ー!!笑
クリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

| エチオピア | 07:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ななちゃん*

ほんと痛そうだよね!
写真見ても未だにそう思う!
なかなかここまで行くのはきつかったけど、それでも彼らの暮らし、格好を見れて本当に良かった。
残り少しだけど、まだまだいろんなものを見て帰ります♪

| daisuke | 2013/02/06 22:11 | URL |

paoさん*

4日間の旅は最高でしたよ!
また写真アップしますね〜♪
と、耳の穴と唇!!
もうとにかく凄いですよね!
最初見た時は痛そうで怖くて全然見れませんでした。
友達もやりましたね。
確かに開けてしまった穴はもう元には戻らないですもんね><
傷を付けて段々小さくする方法なんて聞いただけでも、目をつむってしまいます><
でも、今は話題に出来るほどで良かったです♪
この日に見たムルシ族以外にもいろんな民族の人たちを見たんですが、彼らは昔からの伝統をうまく残している気がしました。
今は文明が発達してるので、いろんな物が手に入るんじゃないかなーなんて思ってたけど、彼らは全く現代の物を持ってなかったような気がします。
必要なんだけど、それを買うお金がない。
そんな風にも感じました。
自分たちの文化を残しつつ、便利な物を取り入れて行く。
これからはそうなっていくんでしょうね。

| daisuke | 2013/02/06 22:09 | URL |

待ってましたムルシ族!!
ホントにテレビの中の世界!!
その中にいるなんてだいすけサン凄い(^^)
ホント何回見ても痛そうですね(._.)
ママのお乳飲んでる子供が可愛すぎます♡♡♡やっぱりどこでも子供は可愛いですね♡


| なな | 2013/02/06 14:32 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/06 11:28 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/795-e2e71689

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。