世界のどこかで会いましょう♪ 




・最近はInstagramで写真をちょくちょくアップしてます♪

Facebookページ作りました!

twitterではタイムリーをつぶやいています。




今までの主な記事
「ここは天国?」
チベット(色達)ではこの世のものとは思えない景色を見ることができました。

「バイクでのベトナム縦断1,800km」」
これはとにかく最高にやばかった!!笑

「笑顔ってやっぱすごい!!」
インドで出会った子供たち♪

「ついについに。。。空一面のオーロラ!」」
フィンランドで待ち続けて見た空満点のオーロラ。

「やっぱり感動した、ウユニ。」」
これを見るためにルート変更してまでも南米に来た。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラルンガルゴンパ2日目

次の日は朝から辺りをぶらぶら。
DSC_03dfgbe55.jpg

DSC_071gbegb9.jpg


女の子の僧侶がたくさんいたり、五体投地してる姿も見ることが出来た。
DSC_03dfbd44.jpg

DSC_03dfgbefbg49.jpg



話しかけた16歳くらいの僧侶たちが連れてってくれるとゆーので、丘の上の方のお寺にも行ってきました。
色がほんとに鮮やか!!
DSC_04fgbgb96.jpg

DSC_05fgbg25.jpg


そこにもやはりマニ車があり、たくさんの人がまわっていました。
DSC_050gberb7.jpg

DSC_05egbe16.jpg



それから、下に降りて「天葬台」という場所に行くため車をチャーター。

この「天葬台」では「鳥葬」とよばれる葬儀の仕方がおこなわれています。
(中国では天葬と呼ばれてるらしいです。)

「鳥葬」とは、亡くなった人の死体をその場で解体し、鳥(ハゲワシ等)に食べさせる葬儀のことです。
チベット文化圏の地域で広く行われているらしいです。

この鳥葬については改めて、写真記事を書きます。
自分の常識を遥かに超え、今までで一番衝撃的でした。


そして、ラルンガルゴンパに戻りトゥーチにお礼を。と思ったけど肝心のトゥーチがいない!
こんなにもお世話になったのだからせめてお礼をと思い、必死で近くの僧侶たちに聞いてみたけど、全員分からないそう。
電話番号を知っていたので、僧侶に電話を借りてトゥーチに電話。

すると、今から自分たちが行く町「色達」にいることが判明!!

車をチャーターして行くも、この町のどこにいるのか。笑


またまた道ばたに歩いている僧侶にお願いして電話を借り、連絡を取ることができた!トゥーチ達がいる場所まで電話をかしてくれた子たちが連れてってくれて無事再開!
しかもみんないた♪


それからみんなが親切にバス停まで連れて行ってくれたり、
(夕方なのにこの日差し!紫外線が強くて顔が痛過ぎる。)
DSC_07ergb68.jpg


ご飯も連れて行ってくれた。
彼らはお腹いっぱいで、なにも頼まず自分たちにとお勧めをいっぱい頼んでくれた。
アドレスを交換したり、ワイワイ話したり。
トゥーチはいつも写真を撮ってくれと言ってきて、すぐに撮った写真を自分で見てた。(絶対ナルシスト!笑)
DSC_077dbvsd6.jpg


そして会計ってなった時に、彼らがいいよって。
たくさん食べて、結構かかるのに。

他にもいろいろお世話になったし、家にも泊めてくれ、ごちそうにもなった。
タクシーもわざわざ見つけに行ってくれたりも。
それなのにまたごちそうしてくれて。
申し訳ない気持ちがあったけど、ここは彼らの気持ちを素直に受け取った。


最後はトゥーチと抱き合って別れた。
ほんとにいい奴だった。
ほんとにほんとに。


チベットは中国の一部でいろいろな問題があるし、彼らにもいろいろ聞いた。
中国との関係、不満。
けど、問題があるのはほんとに上の方の人たちで、関係のない人たちまでも危害が加わるのはどうかなって思う。


ここラルンガルゴンパで、トゥーチに出会え、見たことのない景色を見れ、鳥葬という独自の葬儀も見れた。
カルチャーショックもあったけど、それ以上に感動の連続だった。


ここに来てほんとにほんとに良かった!!!!



今日撮った写真たち♪

DSC_072gbr9.jpg

DSC_06dbs92.jpg

DSC_02egr77.jpg

DSC_03v dvsd34

DSC_07gbs54.jpg

DSC_07dfbs10.jpg

DSC_05sgs21.jpg
DSC_01asfv92.jpg

DSC_07fgns22.jpg

| チベット | 16:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

mocoさん

初めまして。
そうですね、自分も考えては載せたつもりだったんですが。
自分の行った時は、今ほど緊張感も無かったので良いかなと思い載せてしまいました。
その辺、まだまだ考えないといけなかったです。
人の命がかかってますもんね。
もし良ければ、メールの方に送ってもらえればと思います。
dai590108@gmail.com

| daisuke | 2012/06/21 01:00 | URL |

チベットの写真がたくさん見られるのはうれしいんだけれど、
お坊さんの写真とか大丈夫なの?
ここに掲載された人たちの安全は保障されるの?

ルンタブログでも個人が特定出来るほどの
大きさのお坊さんの写真は載せてないけれど。

ラルンの写真、本当に大丈夫???

| moco | 2012/06/20 18:20 | URL |

コウータさん*

鳥葬、近いうちにBlogに載せるつもりです。
覚悟してみてください!
世界はやっぱ広いっすね。
まだぢこれからも見続けますよー!

| | 2011/07/23 23:59 | URL |

鳥葬...

『現実的』には想像できんなぁ…

俺の知ってる現実って

ちっちゃーいものなんだろうね

| コウータ | 2011/07/23 20:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/tb.php/85-73143cd1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。